WordPressの使い方マニュアル 商業サイトからアフィリエイトサイトまでつくれるWordPressの使い方を学ぼう

WordPress攻略本

WordPress

WordPress 5.5 メジャーアップデート版リリース変更点まとめ

スポンサードリンク

投稿日:

WordPress 5.5 メジャーアップデート版リリース Eckstine

WordPress 5.5がリリースされました。

WordPress 5.5の名前は「Eckstine」です。
ジャズボーカリスト「Billy Eckstin(ビリー・エクスタイン)」から命名

主な変更点

・遅延読み込み (lazy loading)の導入
・デフォルトで XML サイトマップが含まれるように変更
・プラグインとテーマの自動更新
・ブロックエディタの新機能(ブロックカテゴリ変更、ブロックパターン導入、ブロックエディタ上で画像編集、新しいブロックディレクトリ、プレビュー時の表示端末(PC,タブレット、スマホ)

WordPress開発者向けで一番大きな変更はPHPMailer ライブラリーがバージョン5.2.27から6.1.6になったことです。

REST API 内のサーバーサイド登録済みブロック
ブロックタイプエンドポイントが追加されました。ブロックエディターなどの JavaScript アプリケーションがサーバー上に登録されたすべてのブロック定義を取得できます。

Dashicons
Dashicons ライブラリーは5.5の最終更新を反映しました。39個のブロックエディターアイコンと26個のその他のアイコンが追加されました。

環境の定義
WordPress にサイトの環境タイプ (staging、production 等) を定義する標準的な方法が追加されました。wp_get_environment_type() でタイプを取得し、環境に適切なコードのみを実行できます。

テンプレートファイルへのデータの受け渡し
テンプレートロード関数 (get_header()、get_template_part() 等) に新しい引数 $args が追加されました。テンプレートに配列そのままのデータを渡すことができます。

その他の開発者向けの変更
PHPMailer ライブラリーがバージョン5.2.27から6.1.6にメジャーアップデートされました。
よりきめ細かく redirect_guess_404_permalink() を制御できます。
PHP の OPcache を使用するサイトでは、プラグインやテーマを含む更新中に使われる新しい wp_opcache_invalidate() 関数のおかげで、より信頼性のあるキャッシュの無効化が行われます。
カテゴリーのタクソノミーに関連付けられたカスタム投稿タイプは、初期設定のタームのサポートをオプトインできるようになりました。
register_taxonomy() のカスタムタクソノミーに初期設定のタームを指定できるようになりました。
REST API は、register_meta() によるメタデータの初期値の指定を正式にサポートするようになりました。
組み込みライブラリーをバージョンアップしました: SimplePie、Twemoji、Masonry、imagesLoaded、getID3、Moment.js、clipboard.js

WordPress 5.5 Field Guide – Make WordPress Core

WordPress運営が楽になるおすすめのサーバーとテーマをご紹介

WordPressおすすめのサーバー・テーマ

WordPressをゼロから勉強するならオンラインで完結するプログラミングスクールがおすすめ

ネットで調べてWordPressを勉強するのも良いのですが、最近のGoogleは調べたい結果が出てこないことが少なくありません
またようやくたどりついたとしても記載されている内容が古く、WordPressバージョンについていけず内容を適応したらエラーが出てしまってどん詰まりになってしまう…なんてことが起こります。

・WordPressの勉強に挫折してしまった・・
・WordPressやWebデザインを習得して、フリーランスとして働きたい
・自分のWordPressブログやサイトをもっとカスタマイズしてステップアップしたい
なんて思いがあるのであれば、 最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のプログラミングスクール「テックアカデミー」を利用してはいかがでしょうか?

「テックアカデミー」のWordPressコースについて

テックアカデミーの良いところは専門の「 WordPressコース」が用意されている点です。

WordPressをカスタマイズしてオリジナルサイトを構築するという内容で、

・週2回のマンツーマンメンタリング ・毎日15時〜23時のチャットサポート ・回数無制限の課題レビュー
が付きます。

この「いつでもWordPressのプロに聞ける」というのが良くて、自分でググるって答えにたどり着けなくてもWordPressのプロに聞くことで、すんなり解決し時間の無駄を止められます。 解決策を探していて見つからないときほどモチベーションが下がるときはありません。

またWordPressをマスターして使えるようになると「副業」をする面でもメリットがあります。
クラウドワークスなどのネットで受注できる仕事にはWordPressをつかった案件が多数あります。
簡単なものですと記事制作からWordPress自体のカスタマイズまで様々。

いまの収入以外に副業として収入源が欲しい!!なんて場合にもWordPressの需要はまだまだ引っ張りだこです。

テックアカデミーではこのWordPressコースを受ける前に 「無料の説明会動画視聴」「無料キャリアカウンセリング」があります。

いまいち,どんな講座なのかイメージできない場合には、すぐに講座申し込みをせず一呼吸おいて
必ずこの説明会動画を見て、無料カウンセリングを受けてください。
説明会動画を見て無料カウンセリングを受けてやっぱりオンラインレッスンをやめるというのも全然有りな選択ですから。

勉強したくなったときすぐに行動しないと、技術は身につきません。明日やろうと時間を置くと気がつけば一週間たってしまい忘れてしまいますから。

WordPressコース講座の無料説明会動画はこちらから >>
スポンサードリンク

-WordPress
-

Copyright© WordPress攻略本 , 2020 All Rights Reserved.