Tweetable | WordPressの記事を書いたらTwitterにも自動投稿するプラグイン

概要

WordPressの記事投稿と同時にTwitterへ投稿できる
プラグインTweetable
バージョン:1.1.8

手順

tweetabl_pic1

有効化すると管理画面にTwitterの項目が表示されます。

tweetable_pic2

Twitterの項目をどれかクリックします。

tweetable_pic3
「Register Application」をクリックすると、新規でウィンドウが開き
「アプリケーションを登録」の画面が表示されます。
[アプリケーションを登録画面の入力項目]

  • アプリケーション名 : ブログの名前
  • アプリケーションの説明 : ブログの説明
  • アプリケーションのウェブサイトURL : ブログのURL
  • アプリケーションの種類 : Browser
  • コールバックURL : Tweetableの画面でページ下部の説明。5番目の項目にあるものをコピペ
  • *標準のアクセスタイプはRead & Write

入力が終わったら「保存ボタン」をクリックします。

登録内容が表示されます。

tweetable_pic4キャプチャとるか内容を控えておきます

Tweetable Setupの画面に戻り下部の「Continue」ボタンをクリックします。

Tweetable Setup
Step 2: Enter the Application Keysの画面に遷移します。

tweetable_pic5
先ほど控えた
Consumer Key、Consumer Secretを入力して、Save and Continueをクリックします。

Tweetable Setup
Step 3: Enter Your Twitter Usernameの画面に遷移します。

tweetable_pic6
twitterアカウントのUsernameを入力して、Save and Continueをクリックします。

Tweetable Setup
Step 4: Authorize Your Twitter Accountの画面に遷移します。

tweetable_pic7
twitterの認証をします。
Sign in with Twitterをクリックします。 

twitterの画面が表示されるので、許可するをクリックします。

tweetable_pic8

Tweetable Setup
Step 5: And You’re Done!の画面に遷移します。

successfully と表示されていたらFinish!をクリックします。

tweetable_pic9

Tweetable Settingsを設定する

tweetable_pic10
[1]Auto-Tweet Postsにチェックがはいっていること
[2]Auto-Tweet Posts Prefix のテキストボックスに文字をいれると記事投稿時にこのテキストボックスで保存した内容で投稿されます

■参照URL
[wordpress]Twitter連携用プラグインTweetableが便利すぎる! | Ryuzee.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>