TweetOldPost-1

『Tweet Old Post』過去記事を自動ツイートできるプラグイン


『Tweet Old Post』は過去記事を自動ツイートできるプラグインです。
自動でツイートする期間や、いつからいつまでの記事を対象にするか、どのカテゴリを含めた記事をツイートするかなど
細かく設定できるプラグインです。

動作環境

WordPress3.3

インストール

WordPress › Tweet Old Post « WordPress Plugins
よりダウンロードしてwp-content/plugins/ディレクトリにアップします。
または
tweetoldpost

管理画面 > プラグイン > 新規追加 > tweet old post

で検索します。インストール後有効化します。

設定

プラグインを有効化したらTweet Old Postの編集画面へ移ります。

管理画面 > Tweet Old Post

まずはTwitterへの認証を行います。
tweetoldpost2
「Sigin in with Twitter」をクリックし、認証するTwitterアカウントを許可します。

Tweet Content ツイートする内容(タイトルのみ、本文のみ、両方)
Additional Text ツイートする時に加える文
Additional Text At Additional Textの位置
Include Link リンクを含むか含まないか
Hashtags ハッシュタグをつけるか付けないか。つける場合はどこからつけるか
Minimum interval between tweets ツイートさせる期間の指定
Random Interval (added to minimum interval) ツイートさせる期間の指定
Minimum age of post to be eligible for tweet ◯〜×にち前の記事からツイートさせる記事鮮度を指定。◯にあたる数値
Maximum age of post to be eligible for tweet ◯〜×にち前の記事からツイートさせる記事鮮度を指定。×にあたる数値
Enable Log ログをとるか
Categories to Omit from tweets ツイートさせないカテゴリを指定

「『Tweet Old Post』過去記事を自動ツイートできるプラグイン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>