タグ別アーカイブ: plugin

プラグイン

Duplicate-Post-sectiondu1.jpg

『Duplicate Post』テンプレート記事を複製したいときに、ワンクリックでコピーできるプラグイン

『Duplicate Post』はWordPressの投稿記事を複製できるプラグインです。
テンプレート用の記事を用意しておいて、複製ボタンを押してガンガン記事をつくるなど
記事を量産したいときはおすすめのプラグイン。
アタッチメントファイルやカテゴリーのチェック内容やタグもそのままコピーされるので
似た記事を作成するときには非常に役立ちます。

動作環境

WordPress3.3.2
プラグインバージョン2.4.1
続きを読む

細かくユーザー権限を変更するためのプラグインUser Role Editor

WordPressでは標準で5ロール(管理者、編集者、作成者、寄稿者、購読者)が用意されています。
もっと役割を細かく分けたい場合に利用するUser Role Editorはプラグインです。
お客さんから機能をユーザーごとに細かく指定した依頼が来た時などに重宝しそうです。

続きを読む

plugin-Plip

WordPressのプラグインまとめサイトが重宝しそうです。

Plip | WordPressプラグインのクリップサイト
plugin-Plip

用途ごとにカテゴリーがわかれているので、便利ですね。
スクリーンショットがあったらもっと良かったなあ。
WordPressの需要の大きさを感じました。

■参照URL
超便利!WordPressプラグインの日本語まとめサイトがオープンしてる!その名も『Plip』♬ | norirow's Diary

WordPressのサイトを英語化(多言語化)するプラグインWPML

wpml_pic1
※有料プラグインに代わりました。

概要

大手の企業サイトで「English」と書かれたボタンを押すとサイト全体のテキストや画像が英語かしますよね。
英語化をWordPress上で簡単に実現するプラグインです。
プラグイン提供元が翻訳をしている企業で、提供元の記事の翻訳サービスがありますが、有料
プラグインのサポートも有料です。
そのためプラグイン有効後には、設定が必要です。

バージョン:WPML 2.0.3

手順

WPML – The WordPress Multilingual Plugin
よりプラグインをsitepress-multilingual-cms.zipダウンロードします。なぜか日本語サイトのダウンロードボタンを押しても、WordPressのサイトにリンクします。
管理画面からのプラグイン検索もhitしません。
zipをダウンロードしたら
wordPress設置ディレクトリ/wp-content/plugins/にuploadします。
管理画面 >プラグイン >WPML Multilingual CMSを有効にします。

wpml_pic2
プラグインの有効化すると設定の警告が表示されます。
クイックオバービューを見ずに「いいえ、自分で設定します。」をクリックします。

設定

wpml_pic3
1. 既存コンテンツの言語
日本語を選択 > 次をクリックします。

wpml_pic4
2. 言語を選択する
英語を追加したいので、英語にチェックをいれて次をクリックします。

wpml_pic5
3. 言語スイッチャーを追加する
ウィジェットに追加する場合はプルダウンから追加場所を指定します。
ウィジェットに追加しない場合は、なしを選び、PHPのコード

<?php do_action('icl_language_selector'); ?>

を表示したい場所に入れます。

終了するをクリックします。

トランスレーターの追加

wpml_pic6

 トランスレーターを追加します。

 私自身で翻訳するのでローカルを選択して、WordPressのユーザーを選択、翻訳前後の言語を選択して、
トランスレーターを追加をクリックします。

wpml_pic7
その他のオプション 表示するブログ投稿の項目は
「翻訳された投稿文だけ」を選択していると翻訳記事がない場合はまったく記事が表示されません。

フッターのクレジットを外したい場合

wpml_pic9
全世界にあなたのサイトがWPMLによってマルチ言語で運営されていることをお知らせください(メッセージをサイトのフッターに入れる
のチェックをはずし,
真上にある「適用」をクリックします。
wpml_pic8

基本的な設定は終了です。

投稿の仕方

wpml_pic11
投稿一覧の「+」をクリックすると国旗のアイコンの言語の投稿編集ページに遷移するので、
記事を記入して、保存または公開します。

WordPress のrobots.txtを設定するKB Robots.txt

概要

検索エンジンがクロールする対象を設定できるrobots.txtというテキストファイルがあります。
クロールの仕方を設定する場合は、通常作成者がrobots.txtを作成しなければいけません。
クロールとは、検索エンジンにインデックスする(掲載させる)ために、
クローラーという検索エンジンのプログラムがWebページを巡回することをいいます。
クロールすることで、対象ページが検索エンジンに掲載されます。

続きを読む

記事内でphpを実行できるプラグインexec-php

概要

記事内でphpを実行できるプラグイン。

<?php  echo "test";  ?>

のように記事の中にphpを書くことができる。

手順

[1]インストール後、exec-phpを有効化すると

のような警告文が表示される
記事でphpを実行するユーザーに許可を設定する必要がある。

[2]管理画面より

ユーザー > phpを実行するユーザー >編集 >Exec-PHP Settings のチェックボックスにチェックを入れてプロフィールを更新する

[3]記事内でphpが実行できるようになる。

注意

管理画面の
設定 > 投稿設定 >整形 >不正にネスト化した XHTML を自動的に修正するにチェックがはいっていると
「?」の前にスペースが強制的にはいりphpとして処理されなくなるので気をつける