WordPressでのSEO対策パーマリンク設定

SEO対策として静的URLにすると良いといわれています。
静的URLと対象に動的URLがあります。

例1

blog.livegoods.net/archives/test.html

例2

blog.livegoods.net?p=123

例2のようなURLを動的URLといい、「?p=123」が動的パラメータと呼ばれます。

動的URLは検索エンジンと相性が悪く、インデックス化の対象にはなるが、動的パラメータがURLに多く含まれていると
検索エンジンが嫌い、URLが登録されない場合があるとされています。

WordPressをインストールした直後に記事を投稿すると例2のようなURLが自動で生成されますので、
SEO対策として好ましくありません。 Apacheの設定ファイルを変更したり、.htaccessを編集してURLを書き換えることもできますが、
WordPressの機能であるパーマリンク設定でSEO対策用の設定をします。

☆設定方法

WordPressの管理画面にログインして、左カラムの

設定 > パーマリンク設定

をクリックします。

パーマリンク設定のページが開きます。

per1

パーマリンク設定ページでは自分の好きなURLに変更できますが、今回は
例2のURLを


http://blog.livegoods.net/archives/12/04/てすと.html

に変更しようと思います

一般的な設定のカスタム構造をクリックして、
テキストボックスに

/archives/%monthnum%/%day%/%postname%.html

と入力して、変更を保存をクリックします。

per2

管理画面の

投稿 > 新規追加

をクリックして、記事の投稿画面に移ります。

pwe3

記事を入力すると自動保存がされ、その後にパーマリンクが表示されます。
パーマリンク部分には記事のタイトル内容が入力されます。
「編集」をクリックするとパーマリンク名を編集できますので、「てすと」=>「test」
に直し、「保存」をクリックします。
投稿すると、編集したパーマリンクで記事が生成されます。

%postname%はパーマリンク設定にて使用できるタグです。もっと自由にカスタムできますので、詳しくは
パーマリンクの使い方を参照
してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>