WordPressのHTMLエディタを使うとPタグが自動で入るのを無効化する

WordPressのエディタにはビジュアルモードとHTMLモードの2種類がありますが、
HTMLモードで改行を入れたテキストに対して、<p>が自動補完されます。
Pタグがあることで妙なマークアップになることを解消することが必要な場合があるかもしれません。

☆Pタグが自動で入るのを無効化する方法

wp-includes/default-filters.phpをコメントアウト編集します。

[1]

add_filter('the_content', 'wpautop');
↓	↓	↓
//add_filter('the_content', 'wpautop');

[2]

add_filter('the_excerpt', 'wpautop');
↓  ↓  ↓
//add_filter('the_excerpt', 'wpautop');

wp-includes/plugin.phpにadd_filterの定義がされています。
第1引数がtag
第2引数がフィルターを追加する関数
のようです。
なので、
[1]はthe_contentの独自ダグに対して、wpautopの機能を追加という意味でしょう。

wp-includes/formatting.phpにwpautopの定義がされています。

簡単に行うには、WordPressのpタグ自動追加をオフにするプラグインを使用するのが良いかもしれません。
WordPressのpタグ自動追加をオフにするプラグイン。

「WordPressのHTMLエディタを使うとPタグが自動で入るのを無効化する」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>