Htmlエディタの入力をクリックするだけでぐっと楽にできるプラグイン

Htmlエディタの入力をクリックするだけでぐっと楽にできる今では必須になったプラグインAddQuicktagの紹介です。
WordPress › AddQuicktag « WordPress Plugins

管理画面のプラグイン >新規追加より
[AddQuickTag]と入力して検索します。

検索表示されたら「いますぐインストール」をクリックします。

「プラグインの有効化」をクリックします。

「設定」をクリックします。

初期状態ではExampleのラベルが設定されていますがこれは消してしまって問題ありません。
試しにh2タグを挿入するタグを設定します。

ラベル名:h2
Title Attribute : h2のタグを入力
開始タグ: &<h2>
終了タグ:</h2>

と入力します。

何種類も使い分けるなら
開始タグ: <h2 class=”hoge”>
終了タグ:</h2>
のようにクラス付けしたラベルを設定すると使い勝手が良いと思います。

入力後「更新」をクリック。保存します。

投稿画面に戻り、htmlエディタを開きます。
タグのラベルにh2が追加されています。

h2のラベルをクリックするとテキストエリアに開始タグが挿入され、ラベルが/h2へ変わります。


もう一度h2のラベルをクリックするとテキストエリアに終了タグが挿入されます。ラベルがh2へ変わります。

タグを直書きする手間が省けるのでかなり作業が楽になるはずです。
どの紹介ブログでもおすすめされています。htmlがわかる方には必須プラグインです。

クイックタグの追加と削除

ラベル名: クイックタグの表示名
Title Attribute : クイックタグの意味
開始タグ: クイックタグをクリックしたときに挿入されるタグ
終了タグ: 開始タグの後に押すと挿入されるタグ

Export/Import AddQuicktag buttons options

Export 設定をファイル出力する
Import 設定ファイルを読み込む。

Uninstall options

クリックすると設定を削除する。やり直しできないので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>