functions.phpを更新するとサイトが真っ白になり、管理画面にも入れなくてどうしようもない場合の対処方法

functions.php

functions.phpを更新したらサイトが真っ白になり、管理画面にも入れなくて困ったときは


サーバーに直接ログインしてfunctions.phpの編集部分を戻してアップロードしなおして下さい。

これで解決です。

サーバーに直接ログインできない場合はgive upしましょう。
コレ以外の方法はありません。サーバーのログイン情報を知らない状態で一度やらかしてしまった。。。経験が
あってこの時は泣きそうになりました。

functions.phpについて

管理画面のテーマの編集からfunctions.phpを編集することができます。

functions.phpはphpのfunction(関数)をまとめておくためのファイルです。
WordPress内でphpの自作関数を使用する場合はfunctions.phpにphpの自作関数を書いておきます。

Webourgeon
さんのサイトで詳細に解説がありますが、phpの位置を知らせる「<? ?>」の前後に
改行、空白行を加えてしまうと起こります。

<?php function
.......
.......
?>
 
<?php function
.......
.......
?>
 
<?php function
.......
.......
?>

正確に言うと「真っ白になる」のではなく、「PHPの構文エラーがでている」のが正解です。
レンタルサーバーの多くはPHPの構文エラーがでてる警告表示をしない設定にしているため
ブラウザからは真っ白になって表示されています。
PHPの構文エラーの例としては「全角のスペースをいれてしまった」「関数のスペルミス」「セミコロン忘れ」
などがあります。

専用のエディタを使用すると構文エラーのチェックをしてくれたりするのですが、
WordPressの管理画面だけだとチェック機能がないので、注意が必要です。

WordPressは全画面でfunctions.phpを読み込んでいるのか、
WEBサイト自体がphpエラーで真っ白になってしまうようです。

管理画面からはfunctions.phpは編集しないことをおすすめします。

「functions.phpを更新するとサイトが真っ白になり、管理画面にも入れなくてどうしようもない場合の対処方法」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>