カテゴリー別アーカイブ: WordPress初心者講座

iconicon.jpg

WordPress管理画面の TinyMCE Advanced などのアイコンが文字化けして表示されないときの対処方法

Icon

突然管理画面内のアイコンが文字化けするときがあります。
場所をおぼえている項目であれば、そのまま使い続けることが可能ですが、TinyMCE Advanced などのツールプラグインの場合は
非常に困り作業に影響がでます。

アイコンが文字化けしたときの対処方法です。

管理画面の TinyMCE Advanced などのアイコンが文字化けして表示されないときの対処方法

原因の多くは『WP Multibyte Patch』のアップデートで改善できます。

  1. 管理画面の画面上に表示されているツールバーにある
    「更新」ボタンを押します。

    Update

  2. 『WP Multibyte Patch』のプラグインが最新になっているかを確認してください。
    最新版でないときにはアップデートを行います。

    Ml

  3. Ionc

    プラグインアップデート後、無事文字化けが解消されました。

wordpresspasswordpasword.jpg

WordPressユーザー名とパスワードを忘れた時のphpmyadminを使ってログインする方法

Pasword

WordPressユーザーのパスワードを忘れてしまうことがあると思います。
WordPress3.5.1では「パスワードをお忘れですか ?」のリンクをクリックしたあとの画面から
ユーザー名またはメールアドレスを入力することでリセットができますが、
ともに分からない場合ログインができなくなってしまいます。

この場合にはphpmyadminを利用することで、パスワードをリセットしてログインすることができます。
WordPressユーザー名とパスワードを忘れた時のphpmyadminを使ってログインする方法です。

WordPressユーザー名とパスワードを忘れた時のphpmyadminを使ってログインする方法

[1]
phpMyAdminへログインします。
対象のデータベースを選び、接頭辞_usersのテーブルの表示アイコンをクリックします。

Phpmyadmin

[2]
user情報が保存されているテーブルデータが表示されます。
鉛筆のアイコンをクリックします。
user_loginに書かれている名前がユーザーの名前です。
Phpmyadmin2

[3]

フィールドの
user_loginの値がユーザーネーム。
user_passの値がパスワードです。
関数のプルダウンでMD5を選び、値に変更したいパスワードを入力して、
右下の実行をクリックします。

Phpmyadmin3
関数:MD5を選択。
値:変更したいパスワードを入力。

実行後パスワードが変更されます。
WordPressの管理画面へ移動。
user_loginの値をユーザーネームへ入力し、
書き換えたパスワードを入力しログインします。

WordPressを始めよう-サーバー契約編-

WordPressを使用するためには

  1. 無料のWordPress.com の環境を使う
  2. 自分のPCにインストールして楽しむ
  3. レンタルサーバーを借りてインストールする

などが考えられます。

無料のWordPress.com の環境を使う

WordPress.comの環境を使うにはメールアドレスがあれば使用可能ですので、
気軽に試してみたい方にはこちらがおすすめです。
ただ無料のプランで広告を貼ることができないので、アフィリエイトでWordPressを使用したい場合はVIPホスティングサービスを申し込みする必要があります。

自分のPCにインストールして楽しむ

自分用の秘密ブログやシステム開発用途とする場合はこの方法になります。
WordPressのインストールにはphp,mysqlとWEBサーバーが必要なので、初心者向けではありません。
がんばってやって見たい方は調べつつ挑戦してみてください。

レンタルサーバーを借りてインストールする

前述したとおりWordPressのインストールにはphp,mysqlとWEBサーバーが必要なのですが、
大抵レンタルサーバーにはこの環境がすでに用意されていますので、サーバー契約が終わり次第
すぐにWordPressを始めることができます。遅くても1時間以内には可能です。
ここからはレンタルサーバーを借りてインストールする方法の説明をしていきます。

レンタルサーバーを使えと言われても、レンタルサーバーの業者は非常に多くどこを使用していいかわかりません。
また少なからず月額のランニングコストがかかりますので、お財布とも相談して決めたいところです。
といっても、外食1食分料金の最低プランの契約をしても、WordPress始めたてのころはお釣りが来るくらい高スペックでレンタルサーバーを使用できる業者もありますので、気楽に行きましょう。

お試し期間を利用して差を見極める

多くのレンタルサーバーではお試し期間(だいたい10〜14日間)を用意しているところが多いです。
消費者として比較してサービスを購入するのは今の時代当たり前になってきました。
時間と情熱に余裕がある場合は色々なとこに申し込みしてお試ししてみるのも良いと思います。

WordPressをインストールするサーバーの選び方

エックスサーバー


xserver

ビジネス用途の場合に人気があるのがエックスサーバーです。

マルチドメイン、サブドメイン、メールアドレス、FTPアカウント、全て無制限。
機能そんなにいらねえよ!と始めたころは思うのですが、1つサイトを立ち上げて運用がなれてくるころに
やりたいことがあるのに契約内容を変更しないとできないケースがよくあります。
他の入門レンタルサーバーと比べると比較的割高ですが、
割高感を払拭する安定度が人気を集めています。
将来的に 複数サイト運営を運用したい!アフィリエイト展開したい!
もっとネットビジネス向けにいろいろやりたい!場合にはぴったりです。