カテゴリー別アーカイブ: plugin

iconicon.jpg

WordPress管理画面の TinyMCE Advanced などのアイコンが文字化けして表示されないときの対処方法

Icon

突然管理画面内のアイコンが文字化けするときがあります。
場所をおぼえている項目であれば、そのまま使い続けることが可能ですが、TinyMCE Advanced などのツールプラグインの場合は
非常に困り作業に影響がでます。

アイコンが文字化けしたときの対処方法です。

管理画面の TinyMCE Advanced などのアイコンが文字化けして表示されないときの対処方法

原因の多くは『WP Multibyte Patch』のアップデートで改善できます。

  1. 管理画面の画面上に表示されているツールバーにある
    「更新」ボタンを押します。

    Update

  2. 『WP Multibyte Patch』のプラグインが最新になっているかを確認してください。
    最新版でないときにはアップデートを行います。

    Ml

  3. Ionc

    プラグインアップデート後、無事文字化けが解消されました。

menta

「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」の表示が出たときの解決方法(プラグイン更新中に不具合が起こった時の対処)

menta

プラグイン更新中にリロードしてしまったり画面を戻してしまったりした場合に、
不具合が起こりメンテナンスモードに入ってしまい、「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」の表示がでる場合があります。(旧予定に基づいたメンテナンスを行っているためしばらくの間ご利用できません。少し間をおいて再度確認してください。)

プラグイン更新中にブラウザの読み込みを中止した場合などに起こります。
更新時にメンテナンスモードに移行しているためこの表示がされます。

解決方法

WordPressを置いているディレクトリ,
wp-config.phpがあるディレクトリに.maintenanceファイルが作成されます。
.maintenanceファイルを削除します。
削除するとメンテナンスモードが解除されますので、再びプラグインを更新します。

mainten

なお.maintenanceファイルは.ataccess同様ドットで始まる不可視ファイルなので、
FTPクライアントの不可視ファイルを見られるように設定しておく必要があります。

下の画像はFTPクライアントアプリ「Transmit」の場合です。

メニュー > 表示 > 不可視項目を表示を押すとドットで始まる不可視ファイルが一覧に表示されます。
transmit

■環境

WordPress 3.9.1
Transmit 4.4.6

ee39872aa0d772937798d2d8578cddd9.jpg

All in One SEO Packに脆弱性が発覚。使っていたら2.1.6へバージョンアップしよう

WordPress All in One SEO Pack WordPress Plugins

WordPressのSEO対策プラグインに脆弱性 – ITmedia エンタープライズによるとWordPressのSEO対策プラグイン『All in One SEO Pack』に脆弱性が見つかったとのこと。

Sucuriによると、All in One SEO Packには権限昇格とクロスサイトスクリプティング(XSS)の2件の脆弱性があり、同プラグインの修正前のバージョンを導入している全サイトが影響を受ける。

 悪用された場合、ログインしたユーザーがAll in One SEO Packの特定のパラメータに手を加えることが可能だった。SEOタイトルやWebサイトに関する説明内容、キーワードのメタタグなどが変更され、検索結果ページの表示順位を意図的に下げられる恐れもあるという。

サイト制作者であれば、『検索結果ページの表示順位を意図的に下げられる恐れもあるという』この1文に脅威を感じるはず。
新バージョンの2.1.6で修正されたようですので、アップデートをオススメします。

プラグインのアップデートはメニューバーのアップデートアイコン、もしくはプラグインの一覧ページからアップデートが可能です。

Update

Pluibgin

42c42280d88638469a66e7867a0fba5a.jpg

WordPressの画像のアップロードが遅くなったりUpload FailedのメッセージがでたらWP Smush.itのプラグインを疑おう

WordPress WP Smush it WordPress Plugins

表題に関して『Smush.it』という画像を最適化してくれるWEBサービスがあります。
見た目は変わらずにファイルサイズを小さくしてくれる便利な機能です。

『Smush.it』の機能をWordPressにも搭載できる「WP Smush.it」というプラグインがあります。
「WP Smush.it」を有効化しておくと画像のアップロード時に『Smush.it』の処理を同時にしてくれて
アップロードした画像が最適化された状態でサーバーへアップされます。

もちろん【 メディア > ライブラリ 】からの
画像最適化も可能で、ファイルサイズを減らす事で画面表示が早くなることからSEO効果も期待できます。
Media

非常に良い機能ではありますが、『Smush.it』で画像を処理してもらうためには少し時間がかかるため
アップロード画像数が多数になると処理時間が長くなりタイムアウトしてしまって画像アップができないことがあります。

特にMarsEditなどのテキストエディタではFailedと表示されるだけで、
エラーの原因を追求できません。

Upload

もし画像アップロードがやけに時間かかってるなと感じたら、
気がつかずにインストールしていたWP Smush.itを疑ってはどうでしょうか?

Duplicate-Post-sectiondu1.jpg

『Duplicate Post』テンプレート記事を複製したいときに、ワンクリックでコピーできるプラグイン

『Duplicate Post』はWordPressの投稿記事を複製できるプラグインです。
テンプレート用の記事を用意しておいて、複製ボタンを押してガンガン記事をつくるなど
記事を量産したいときはおすすめのプラグイン。
アタッチメントファイルやカテゴリーのチェック内容やタグもそのままコピーされるので
似た記事を作成するときには非常に役立ちます。

動作環境

WordPress3.3.2
プラグインバージョン2.4.1
続きを読む

jetpack1

Jetpack 1.3.4 からはスパム対策付きのコンタクトフォームが使えるようになった。


Jetpack 1.3.4 からはスパム対策付きのコンタクトフォームが使えるようになりました。
コンタクトフォームのプラグインは多いのですが、contact form7のようなスパム対策が付いているプラグインは
あまりないようなので重宝しそうです。

日本語でラベル名を入れると、再編集時に表示されないことや
フォームの上下レイアウト時に入力したフォームがまとまって動くバグがあるようです。
手軽ですが、不安定な要素が多いので、安定版が出るまではおすすめしません。

環境

WordPressバージョン 3.3.2
jetpack 1.3.4

使い方

Jetpackを1.3.4にアップグレードします。
Jetpackを利用する時にはWordPress.comのアカウントが必要です。
コンタクトフォームのスパム対策にAkismetがつかわれているようですので、Akismetのアカウントも必要になります。

Jetpackのコンタクトフォームは投稿記事、ページで利用できます。
アップグレード後は画像をアップロードするボタンが下記のように変わっているはずです。

一番右のアイコンをクリックします。

「Add a new field」をクリックします。
フィールドの入力欄(input)は5つまで設置できます。

フィールドの入力欄が表示されるので埋めこんでいきます。

ラベルは入力欄の上に表示される文字。

Fiel typeでは入力欄のタイプを指定します。

  • Checkbox
  • Drop down
  • メールアドレス
  • 名前
  • Radio
  • Text
  • Textarea
  • ウェブサイト

「Required?」にチェックを入れると必須欄になります。
内容を決めたら「Save this field」をクリックします。
フォームを削除する場合は右側の「マイナスアイコンをクリックします」

Email notificationsでは連絡先アドレスと件名を指定できます。

追加し終わったら「Add this form to my post」をクリックするとショートコードが
追加されます。

『Where did they go from here』Amazonのこの商品を見たお客様はこれも見ていますが実現できるプラグイン

「Amazonのこの商品を見たお客様はこれも見ています」が実現できるプラグイン。
いわゆるおすすめ機能(レコメンドサービス)。

似た機能で外部WEBサービス(LinkWithin,Outbrain Zenback,The Slide by SimpleReach)とありますが、単体のプラグインで、自由にCSS編集ができる珍しいプラグインです。

動作環境

WordPress3.3.1
プラグインバージョン0.3.1
続きを読む

『SimpleReach Slide』記事を一定まで読み進めるとおすすめ記事を教えてくれるプラグイン

simplereach
『SimpleReach Slide』はSimpleReachというサービスをWordPressに取り込むためのプラグインです。
WordPressブロガーではおなじみのプラグインですのでよく見かける機会があると思います。

動作環境

WordPress3.3.1
プラグインバージョン0.6.0
続きを読む

『WP Zen-Coding』WordPressの記事投稿でZen-Codingが使用できるプラグイン

WordPressの管理画面上でZen-Codingが使用できるプラグインWP Zen-Coding

Zen-Codingについて

Zen-CodingはHTML/CSSをショートカット+スニペットで簡略化してコードを書くことができるライブラリです。
例えば

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title></title>
</head>
<body>
	<div id="page">
		<div id="header">
			<ul class="navigation">
				<li><a href=""></a></li>
				<li><a href=""></a></li>
				<li><a href=""></a></li>
				<li><a href=""></a></li>
			</ul>
		</div>
	</div>
</body>
</html>

のようなhtmlを

html:5>div#page>div#header>ul.navigation>li*4>a

として記述し展開するとhtmlが作られます。コーディング時間の短縮には必須のツールです。
広まってからしばらく経ちました。使い方や参考の書き方はググると多くの情報が引っ張り出せます。

参照URL

知らない人は損してる?コーディングが3倍速くなるZen-Codingを導入してみた – EC studio デザインブログ

動作環境

WordPress3.3.1
プラグインバージョン0.3.1
続きを読む