menta

「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」の表示が出たときの解決方法(プラグイン更新中に不具合が起こった時の対処)

menta

プラグイン更新中にリロードしてしまったり画面を戻してしまったりした場合に、
不具合が起こりメンテナンスモードに入ってしまい、「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」の表示がでる場合があります。(旧予定に基づいたメンテナンスを行っているためしばらくの間ご利用できません。少し間をおいて再度確認してください。)

プラグイン更新中にブラウザの読み込みを中止した場合などに起こります。
更新時にメンテナンスモードに移行しているためこの表示がされます。

解決方法

WordPressを置いているディレクトリ,
wp-config.phpがあるディレクトリに.maintenanceファイルが作成されます。
.maintenanceファイルを削除します。
削除するとメンテナンスモードが解除されますので、再びプラグインを更新します。

mainten

なお.maintenanceファイルは.ataccess同様ドットで始まる不可視ファイルなので、
FTPクライアントの不可視ファイルを見られるように設定しておく必要があります。

下の画像はFTPクライアントアプリ「Transmit」の場合です。

メニュー > 表示 > 不可視項目を表示を押すとドットで始まる不可視ファイルが一覧に表示されます。
transmit

■環境

WordPress 3.9.1
Transmit 4.4.6

ee39872aa0d772937798d2d8578cddd9.jpg

All in One SEO Packに脆弱性が発覚。使っていたら2.1.6へバージョンアップしよう

WordPress All in One SEO Pack WordPress Plugins

WordPressのSEO対策プラグインに脆弱性 – ITmedia エンタープライズによるとWordPressのSEO対策プラグイン『All in One SEO Pack』に脆弱性が見つかったとのこと。

Sucuriによると、All in One SEO Packには権限昇格とクロスサイトスクリプティング(XSS)の2件の脆弱性があり、同プラグインの修正前のバージョンを導入している全サイトが影響を受ける。

 悪用された場合、ログインしたユーザーがAll in One SEO Packの特定のパラメータに手を加えることが可能だった。SEOタイトルやWebサイトに関する説明内容、キーワードのメタタグなどが変更され、検索結果ページの表示順位を意図的に下げられる恐れもあるという。

サイト制作者であれば、『検索結果ページの表示順位を意図的に下げられる恐れもあるという』この1文に脅威を感じるはず。
新バージョンの2.1.6で修正されたようですので、アップデートをオススメします。

プラグインのアップデートはメニューバーのアップデートアイコン、もしくはプラグインの一覧ページからアップデートが可能です。

Update

Pluibgin