WordPressでGoogle Analyticsを使用したアクセス解析をできるだけ正確に測るための方法

アクセス解析タグできるだけ正確に測るための方法です。
アクセス解析にGoogle Analyticsを使用している例が多いので今回は
Google Analyticsを使用した場合の例を掲載します。

設定条件はWordPress上のhtmlファイルの編集ができることです。

WordPressにログインしている場合にアクセス解析タグを表示させない

アクセス解析タグの設定でCookie除外、Google Analytics「Cookieで自分のトラフィックを除外するフィルタ」 – Rewish
やIPを除外して自分のアクセスを計上しないやり方があります。

Google Analyticsはアクセス解析のタグをブラウザが読み込み表示させることでアクセスの計上をしています。
今回はCookie,IP除外の指定をせずに、「WordPressにログインしている場合にアクセス解析タグを表示させない」
方法でアクセスを計上しないようにします。

そのためWordPressにログインしていない場合、別の種類のブラウザを立ち上げた場合などには
アクセス計上してしまうのでご注意ください。

Googleからの公式ドキュメントの通りにしている場合ではhead閉じタグの直前にアクセス解析タグを追加しているか
トラッキング コードの追加(従来のコード) – アナリティクス ヘルプ
もしくはbody閉じタグの直前に追加しているかと思います。

どちらか追加している箇所にphpで条件分岐を追加します。

<?php if($user_ID): ?>
<?php else: ?>
	<script>
	アクセス解析タグを記述
	</script>
<?php endif; ?>

■Sample

<?php 
/******************* Google Analytics *************************/
if($user_ID):?>
<?php else: ?>
<script type="text/javascript">

  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-**********']);
  _gaq.push(['_trackPageview']);

  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();

</script>
<?php endif; ?>

■解説

条件分岐に使用している$user_IDについて
WordPressにはどのページからでも使用できるglobal変数として
$user_IDが用意されています。

$user_IDはwp_usersテーブルからログインユーザーのIDを保持しておく変数です。

WordPressにログインしているとログインユーザーのIDが取得できるので
$user_IDを分岐条件に使用しています。

またログインしているかいないか、手っ取り早くわかる方法としては、
管理バーの表示をさせておく方法があります。(WordPress3.1以降)

$user_IDについて

Cookie,IP除外と組み合わせるとなおBetterです。

■参照URL

WordPressのアクセス解析から管理者を簡単に除外する方法
関数リファレンス/get currentuserinfo – WordPress Codex 日本語版

WordPressのFeedURL

FeedはRSS、ATOMの総称です。
RSS,ATOMはWEBサイトの更新情報・記事の概要などを
配信するための文書規格の一つ。

形式 用途
RSS1.0(RDF)  テキスト配信向き
RSS2.0(RSS0.9*) 全文配信ができる

|ATOM| RSSの曖昧な仕様などを含め周辺技術を統一した規格
配信される内容は,summary(要約・概要)とcontent(内容)に明確に分けられる|

RDF形式


http://blog.livegoods.net/?feed=rdf

RSS形式


http://blog.livegoods.net/?feed=rss

RSS2形式


http://blog.livegoods.net/?feed=rss2

ATOM形式


http://blog.livegoods.net/?feed=atom

カテゴリを指定したい場合は


http://blog.livegoods.net/wp-rss2.php?cat=8

?cat=[カテゴリID]を加えます。

↑はカテゴリID3のフィードを取得します。

カテゴリIDがわからない場合は、
カテゴリ一覧のカテゴリ名の上にマウスを乗っけます。

すると画面上にURLが表示されます。
tag_ID=** の**の値がカテゴリIDです。

■参照URL

WordPressのRSSのURL – WordPress情報
WordPress Feeds – WordPress Codex 日本語版
Feed,RSS,Atom:フィードとは (初心者向け解説) : Curo.jp

細かくユーザー権限を変更するためのプラグインUser Role Editor

WordPressでは標準で5ロール(管理者、編集者、作成者、寄稿者、購読者)が用意されています。
もっと役割を細かく分けたい場合に利用するUser Role Editorはプラグインです。
お客さんから機能をユーザーごとに細かく指定した依頼が来た時などに重宝しそうです。

続きを読む