Tweetable | WordPressの記事を書いたらTwitterにも自動投稿するプラグイン

概要

WordPressの記事投稿と同時にTwitterへ投稿できる
プラグインTweetable
バージョン:1.1.8

手順

tweetabl_pic1

有効化すると管理画面にTwitterの項目が表示されます。

tweetable_pic2

Twitterの項目をどれかクリックします。

tweetable_pic3
「Register Application」をクリックすると、新規でウィンドウが開き
「アプリケーションを登録」の画面が表示されます。
[アプリケーションを登録画面の入力項目]

  • アプリケーション名 : ブログの名前
  • アプリケーションの説明 : ブログの説明
  • アプリケーションのウェブサイトURL : ブログのURL
  • アプリケーションの種類 : Browser
  • コールバックURL : Tweetableの画面でページ下部の説明。5番目の項目にあるものをコピペ
  • *標準のアクセスタイプはRead & Write

入力が終わったら「保存ボタン」をクリックします。

登録内容が表示されます。

tweetable_pic4キャプチャとるか内容を控えておきます

Tweetable Setupの画面に戻り下部の「Continue」ボタンをクリックします。

Tweetable Setup
Step 2: Enter the Application Keysの画面に遷移します。

tweetable_pic5
先ほど控えた
Consumer Key、Consumer Secretを入力して、Save and Continueをクリックします。

Tweetable Setup
Step 3: Enter Your Twitter Usernameの画面に遷移します。

tweetable_pic6
twitterアカウントのUsernameを入力して、Save and Continueをクリックします。

Tweetable Setup
Step 4: Authorize Your Twitter Accountの画面に遷移します。

tweetable_pic7
twitterの認証をします。
Sign in with Twitterをクリックします。 

twitterの画面が表示されるので、許可するをクリックします。

tweetable_pic8

Tweetable Setup
Step 5: And You’re Done!の画面に遷移します。

successfully と表示されていたらFinish!をクリックします。

tweetable_pic9

Tweetable Settingsを設定する

tweetable_pic10
[1]Auto-Tweet Postsにチェックがはいっていること
[2]Auto-Tweet Posts Prefix のテキストボックスに文字をいれると記事投稿時にこのテキストボックスで保存した内容で投稿されます

■参照URL
[wordpress]Twitter連携用プラグインTweetableが便利すぎる! | Ryuzee.com

WordPressのサイトを英語化(多言語化)するプラグインWPML

wpml_pic1
※有料プラグインに代わりました。

概要

大手の企業サイトで「English」と書かれたボタンを押すとサイト全体のテキストや画像が英語かしますよね。
英語化をWordPress上で簡単に実現するプラグインです。
プラグイン提供元が翻訳をしている企業で、提供元の記事の翻訳サービスがありますが、有料
プラグインのサポートも有料です。
そのためプラグイン有効後には、設定が必要です。

バージョン:WPML 2.0.3

手順

WPML – The WordPress Multilingual Plugin
よりプラグインをsitepress-multilingual-cms.zipダウンロードします。なぜか日本語サイトのダウンロードボタンを押しても、WordPressのサイトにリンクします。
管理画面からのプラグイン検索もhitしません。
zipをダウンロードしたら
wordPress設置ディレクトリ/wp-content/plugins/にuploadします。
管理画面 >プラグイン >WPML Multilingual CMSを有効にします。

wpml_pic2
プラグインの有効化すると設定の警告が表示されます。
クイックオバービューを見ずに「いいえ、自分で設定します。」をクリックします。

設定

wpml_pic3
1. 既存コンテンツの言語
日本語を選択 > 次をクリックします。

wpml_pic4
2. 言語を選択する
英語を追加したいので、英語にチェックをいれて次をクリックします。

wpml_pic5
3. 言語スイッチャーを追加する
ウィジェットに追加する場合はプルダウンから追加場所を指定します。
ウィジェットに追加しない場合は、なしを選び、PHPのコード

<?php do_action('icl_language_selector'); ?>

を表示したい場所に入れます。

終了するをクリックします。

トランスレーターの追加

wpml_pic6

 トランスレーターを追加します。

 私自身で翻訳するのでローカルを選択して、WordPressのユーザーを選択、翻訳前後の言語を選択して、
トランスレーターを追加をクリックします。

wpml_pic7
その他のオプション 表示するブログ投稿の項目は
「翻訳された投稿文だけ」を選択していると翻訳記事がない場合はまったく記事が表示されません。

フッターのクレジットを外したい場合

wpml_pic9
全世界にあなたのサイトがWPMLによってマルチ言語で運営されていることをお知らせください(メッセージをサイトのフッターに入れる
のチェックをはずし,
真上にある「適用」をクリックします。
wpml_pic8

基本的な設定は終了です。

投稿の仕方

wpml_pic11
投稿一覧の「+」をクリックすると国旗のアイコンの言語の投稿編集ページに遷移するので、
記事を記入して、保存または公開します。

WordPress のrobots.txtを設定するKB Robots.txt

概要

検索エンジンがクロールする対象を設定できるrobots.txtというテキストファイルがあります。
クロールの仕方を設定する場合は、通常作成者がrobots.txtを作成しなければいけません。
クロールとは、検索エンジンにインデックスする(掲載させる)ために、
クローラーという検索エンジンのプログラムがWebページを巡回することをいいます。
クロールすることで、対象ページが検索エンジンに掲載されます。

続きを読む

WordPressのバージョン確認方法

WordPressのバージョン確認するには
WordPressのディレクトリ内
wp_includes/version.phpに記載があります。

/**
 * The WordPress version string
 *
 * @global string $wp_version
 */
$wp_version = '3.0.1';

$wp_version =”XXXX” XXXX部分がバージョンです。

ググると他に

<?php bloginfo('$version'); ?>

と書くのもありますが、versionではなくサイトのタイトルが表示されてしまうのはなぜでしょうか…

投稿記事にTwitterへツイートできるようになるボタンプラグインNew Twitter Button

概要

投稿記事にTwitterへツイートするボタンを自動で挿入するプラグイン
ボタンの形状は3パターン選択できる。

手順

[1]管理画面よりインストール
[2]設定画面
TwitterButton

管理画面 > 設定 > Twitter Button  

[3]詳細設定
NewTwitterButton

Top Button Count Display Position トップにTwitterButtonを表示させるか。表示形式は画像【1】がサンプル。Don’t Displayで表示しない
Top Button Container Style Top Buttonの周りを囲むdivタグのStyleを指定
Bottom Button Count Display Position ボトムにTwitterButtonを表示させるか。表示形式は画像【1】がサンプル。Don’t Displayで表示しない
Top Button Container Style おそらく記述ミス。Bottom Buttonの周りを囲むdivタグのStyleを指定
Your Twitter Account Twitterのアカウントを入力 自分のアカウント名を入力しましょう
Use RT instead of /via? RTを使用するかどうか?
Support @DanTaylorSEO by recommending as a follow? ツイートボタンを押したときに@DanTaylorSEO をおすすめとするか