細かくユーザー権限を変更するためのプラグインUser Role Editor

WordPressでは標準で5ロール(管理者、編集者、作成者、寄稿者、購読者)が用意されています。
もっと役割を細かく分けたい場合に利用するUser Role Editorはプラグインです。
お客さんから機能をユーザーごとに細かく指定した依頼が来た時などに重宝しそうです。

[1]インストール

管理画面 > プラグイン >新規追加 >User Role Editorで検索
User Role Editorが表示されたら「いますぐインストール」をクリックして、インストール後、プラグインを有効化します

[2]管理画面 > ユーザー > User Role Editorの項目が増えます。

User Role Editorをクリック

[3]設定

インストール直後はチェックボックスの項目がわかりにくいです

「各権限を概説で表示する」にチェックをいれるとわかりやすくなります。

[5]細かい設定

新しいロールの追加より追加したロールは
ユーザーを新規追加、編集時の権限グループから設定できます

■他機能

新規ユーザーのデフォルトロール  新規ユーザー追加時のロールを決める
ロール削除  追加したロールを削除する(初期のものは消せない)
新しい権限の追加 新規で権限を追加する
権限の削除 追加した権限を削除する(初期のものは消せない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>